• 英語表示に切り替える
  • 中国語(簡体字)表示に切り替える
  • 中国語(繁体字)表示に切り替える
  • ハングル表示に切り替える
文字の大きさ
文字の大きさを中サイズにする
文字の大きさを大サイズにする

JR四国電話案内センター 0570-00-4592 8:00~20:00 年中無休 通話料がかかります

閉じる

主要ESGデータ

主要ESGデータ

当社のESG(環境、社会、ガバナンス)への取り組みに関する主要データを項目別に整理しています。なお、JR四国単体の数値を基本にしていますが、グループ会社を含む項目には「グループ会社含む」の注記を示しています。

1環境

横にスクロールできます

指標 単位 2018年度 2019年度 2020年度
温室効果ガス排出量※1 スコープ1 千t-CO2 44.197 45.167 43.492
スコープ2 千t-CO2 37.821 36.375 34.292
省エネ型車両導入割合※2 84.8 89.2 89.2
エネルギー管理※3 燃料使用量 kl 16,081 16,503 15,906
電気使用量 千kWh 58,002 58,244 55,378
資源管理 水使用量※4 千m3 325 325 253
OA用紙使用量 千枚 10,909 9,610 7,750
廃棄物管理 一般廃棄物排出量 t 716 697 333
産業廃棄物排出量 t 87,240 34,468 33,537
  • 1 鉄道事業で消費した燃料使用量(スコープ1)及び電力量(スコープ2)を「日本経団連低炭素社会実行計画」における基準を用いて、CO2排出量に換算
  • 2 ステンレス製車体および直接噴射式エンジンを搭載した気動車車両と回生ブレーキおよびVVVF(可変電圧可変周波数)インバータ制御システムを搭載した電車車両を省エネ型車両と定義
  • 3 列車の運転で消費した燃料使用量及び電力量
  • 4 上水、地下水、再生水の使用量

2社会

横にスクロールできます

指標 単位 2018年度 2019年度 2020年度
営業活動 営業キロ※1 キロ 855.2 855.2 855.2
列車キロ※2 千キロ 19,530 20,023 19,136
車両キロ※2 千キロ 55,433 56,666 53,916
輸送人員 千人 45,429 44,872 33,863
輸送人キロ 千人キロ 1,410,954 1,382,134 875,935
駅数※1※3 259 259 260
車両数※1 431 428 422
電化率※1 27.5 27.5 27.5
安全管理 安全推進に関する委員会開催回数※4 15 14 15
労働災害発生件数※グループ会社含む 29 32 18
ヒヤリハット報告件数※グループ会社含む 3,496 3,094 2,303
鉄道事業における安全関連投資額 億円 99 127 108
インシデント件数※5 0 0 1
鉄道運転事故件数 列車事故※6 0 0 0
踏切障害事故 12 7 7
鉄道人身障害事故 7 5 12
輸送障害件数※7 部内原因※8 25 18 28
鉄道外原因※9 24 23 25
災害原因 32 51 50
サービス管理 サービス推進に関する委員会開催回数※10 14 13 14
お客様からのご意見・ご要望の件数 1,994 1,782 1,688
お客様からいただいたお礼・お褒めの件数 109 90 115
従業員 社員数※1 男性 2,242 2,114 1,980
女性 149 165 169
全体 2,391 2,279 2,149
新卒・既卒採用者数※11 男性 82 98 88
女性 31 25 23
全体 113 123 111
定年退職再雇用者数※1 385 484 559
平均勤続年数※1※12 男性 22.3 20.6 19.1
女性 6.7 5.8 5.5
全体 21.4 19.6 18.0
平均年齢※1※12 男性 41.8 40.2 38.8
女性 28.2 27.4 27.3
全体 41.0 39.3 37.9
月当たり平均残業時間 時間 13.2 13.7 12.2
年次有給休暇取得日数 15.5 15.6 14.1
年次有給休暇取得率 84.7 85.6 78.6
育児休職制度利用者 11 16 22
介護休職制度利用者 0 0 0
定期健康診断受診率 100.0 100.0 100.0
特定保健指導実施率※13 67.0 67.0 未確定
ストレスチェック実施率 97.0 98.0 98.0
人権啓発研修参加率 44.5 42.6 83.4
  • 1 各年度、4月1日時点の数値
  • 2 回送扱い等を除いた数値
  • 3 臨時駅2駅含む
  • 4 鉄道事故の防止について総合的に検討し、有効な対策を推進するための会議及びシンポジウムの回数
  • 5 鉄道運転事故が発生するおそれがあると認められる事態の件数
  • 6 列車衝突事故、列車脱線事故、列車火災事故の件数
  • 7 鉄道運転事故以外の原因により、列車の運転休止または旅客列車が30分以上、旅客列車以外の列車が1時間以上の遅延を生じた件数
  • 8 車両、設備の故障、係員の取扱い誤り等
  • 9 踏切の無謀横断、線路内への立入り、動物との接触等
  • 10 お客様サービスの向上について総合的に審議、推進するための会議及びシンポジウム、競技会の回数
  • 11 各年度、4月1日採用の数値
  • 12 定年退職再雇用者を除いた数値
  • 13 特定保健指導対象者のうち、保健指導プログラムを完了した従業員の割合

3ガバナンス

横にスクロールできます

指標 単位 2018年度 2019年度 2020年度
取締役の人数 社内 男性 10 10 9
女性 0 0 0
全体 10 10 9
社外 男性 1 1 1
女性 2 2 1
全体 3 3 2
総計 13 13 11
取締役会開催回数 12 12 12
取締役会出席率 98.7 94.9 97.1
監査役の人数 3 4 4
監査役会開催回数 5 5 4
コンプライアンス
※グループ会社含む
環境関連法違反件数 0 0 0
環境関連法違反に伴う罰金額 0 0 0
独占禁止法違反件数 0 0 0
独占禁止法違反に伴う課徴金額等 0 0 0
労働基準法違反件数※1 0 0 0
贈収賄など、腐敗取引に伴う処分件数 0 0 0
贈収賄など、腐敗取引に伴う罰金額 0 0 0
  • 1 労働基準法違反により司法処分を受けた件数

PAGE TOP

JR四国電話案内