※PDF版をご覧になるには、AdobeReaderが必要となります。こちらからダウンロードして下さい。

環境保全への取り組み


車両に関する省エネ等への取り組み

  • 2019年度までのJR四国の環境保全への主な取り組み

     2019年度までの当社の環境保全への主な取り組みは、以下の通りです。

    年月
    内容
    1990.11
    予讃線 伊予北条〜伊予市間電化開業、7000系電車導入
    1992.7
    予讃線 観音寺〜新居浜間、今治〜伊予北条間電化開業
    1992.9
    8000系特急電車導入
    1993.3
    予讃線 新居浜〜今治間電化開業(高松〜伊予市間全区間電化)
    1996.4
    6000系電車導入
    1998.4
    運輸業界での「地球温暖化防止ボランタリープラン」の策定
    1998.4
    JR四国自主行動計画(ボランタリープラン)の目標設定
    2003.10
    5000系電車(新型マリンライナー)導入
    2004.4
    「エコロジー推進委員会」を社内に設置
    2006.5
    1500型気動車導入
    2007.1
    自主行動計画(ボランタリープラン)の目標改定
    2007.11
    「JR四国環境保全への取り組み」を初めて作成・公表
    2010.3
    自主行動計画(ボランタリープラン)の目標3項目をすべて達成
    1500型気動車を牟岐線・阿南〜海部間で運転開始
    2011.3
    1500型気動車を鳴門線で運転開始
    2014.6
    8600系特急電車導入
    2015.12
    JR四国低炭素社会実行計画の目標設定
    2016.6
    7200系電車(121系リニューアル車両)導入
    2017.12
    2600系気動車導入
    2019. 2
    121系車両の全編成のリニューアルが完了
    2019.8
    113系電車廃止(電車車両を全て省エネ車両化)
    2700系特急気動車導入

  • 省エネ車両の導入

     当社では、ステンレス製車体および直接噴射式エンジンを搭載した気動車車両と、回生ブレーキ(*1)およびVVVF(可変電圧可変周波数)インバータ制御システム(*2)を搭載した電車車両を、省エネ車両と定義しています。
     2019年度末において、1000型、1200型、1500型、2000系、2600系、2700系、185系、キハ54形式 の合計211両の気動車車両に、ステンレス製車体および直接噴射式エンジンを搭載しています。
     また、2019年度末において、5000系、6000系、7000系、7200系、8000系、8600系の合計160両の 電車車両に、回生ブレーキおよびVVVFインバータ制御システムを搭載しています。

      (*1)回生ブレーキとは、ブレーキをかけたときにモーターが発電機となり、ブレーキに使用されたエネルギーを電流に変換して架線に流し返すシステムです。同じ架線を使う他の電車が電気を再利用することで、ブレーキに用いたエネルギーを有効に利用できます。   (*2)VVVFインバータ制御システムとは、架線から取り込んだ電流を走行エネルギーに変換する際のロスをなくし、電圧及び周波数を可変制御することにより、車両の速度を効率よくコントロールするシステムです。

     
    ステンレス製車両(2700系特急気動車)   VVVFインバータ制御車両(8600系特急電車)

      当社発足以来、順次新型車両への転換を進めた結果、省エネ車両導入率は、2019年度末に89.2%となりました。今後も省エネ車両への転換を図ることで、省エネ車両導入率の向上に取り組みます。


  • 運転用エネルギーの削減

     当社では、エネルギー効率の高い新型車両の導入等に積極的に取り組んできました。
     2019年度の運転用エネルギー消費量については、2018年7月豪雨災害の反動により前年度比101.5%と増加し、1,180百万MJとなりました。

注) 電力量及び燃料の使用量を「日本経団連低炭素社会実行計画」における基準を用いて、エネルギー消費量(MJ)に換算しています。
  •   また、当社のような地方鉄道の場合、運行本数というサービスレベルを極力維持しつつ、列車編成の効率化を図ることが重要であるため、車両走行キロおよび列車走行キロあたりのエネルギー消費量も指標のひとつと考えています。2019年度の車両走行キロ当たりのエネルギー消費量は、1990年度比で20.8%、列車走行キロ当たりのエネルギー消費量は、1990年度比で25.3%削減しました。

  • 8600系特急電車

    8600系特急電車
     8600系特急電車は、2014年6月に予讃線(高松〜松山)で運行を開始した車両で、現在17両を導入しています。お客様に選択していただける魅力ある車両を目指し、最新技術の導入による信頼性・耐久性・保守性の向上を図っており、回生ブレーキの搭載や、照明や表示器にLED(発光ダイオード)を使用するなど、省エネ・環境にも配慮した車両です。
  • 7200系電車(121系リニューアル車両)

    7200系電車
     四国に投入された国鉄最後の電車である121系電車は、新製から約30年が経過したため、2015年度よりリニューアル工事を実施し、車号を7200系と改めました。
     リニューアル工事では、床下主要機器(VVVF装置、コンプレッサ、蓄電池等)の取り替えのほか、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を採用した台車に更新し、軽量化を図っています。
  • 2700系特急気動車

    2700系特急気動車
     2700系気動車は、環境にやさしくバリアフリーに配慮した車両で、2019年度に16両で営業運転を開始し、本四備讃線、予讃線、高徳線、土讃線で運行しています。従来の特急気動車と比較し、機関出力を上昇しつつ、燃焼効率の改善により有害成分を有したガス排出を大幅に削減しています。また照明や表示器にLED(発光ダイオード)を使用するなど、省エネ・環境にも配慮した車両です。
     2020年度には、23両追加導入し、計39両で運行します。
  • アイドリングストップ等による排出ガス(燃料消費量)削減

     当社では、2009年3月より気動車列車のアイドリングストップ(機関停止)を実施しています。単車運転、ワンマン列車およびキハ40・47形式の列車を除く気動車(直接噴射式エンジン搭載車両)を対象に、行き違いや折り返し等のため長い停車時間のある列車で実施しています。今後も天候や車内の状況等を勘案しながら随時実施していきます。また、普通列車(一部を除く)では、冷暖房による車内の温度を保持するため、お客さまによる押しボタンでのドア開閉扱い(半自動扱い)を2013年4月より通年で実施※しています。
    ※2020年4月22日より新型コロナウイルス感染症対策への取り組みとして、お客様による押しボタンでのドア開閉扱い(半自動扱い)を中止し自動開閉により車内換気強化を図っています。
  • ダイヤ改正による排出ガス(燃料消費量)削減

     当社ではダイヤ改正にあわせて、列車編成の見直しを行っています。今後も、お客様のご利用状況を踏まえつつ、エネルギー効率の高い輸送体系の構築に取り組み、排出ガスや燃料消費量の削減に取り組みます。

鉄道の利用促進の取り組み

  • 環境負荷の少ない鉄道

     1人を1km運ぶのに排出するCO2の量を、自家用乗用車と鉄道で比較すると、鉄道は自家用乗用車の約1/7です。このように一度に多くの人を運べ、環境負荷の少ない交通機関である鉄道をご利用して頂くことで、社会全体のCO2削減につながると考えられます。
  • モーダルシフトの促進

     鉄道が環境負荷の少ない輸送機関であるためには、多くのお客様にご利用いただき、鉄道の環境優位性を最大限に活かし続けることが重要です。当社では、営業活動としての利用促進はもちろん、地域と連携した鉄道の利用促進、駅周辺における駐車場整備、駅や列車の利便性・快適性の向上等、モーダルシフトを促進することで、交通機関全体でのCO2削減に取り組んでいます。
    • 通勤・通学における鉄道の利用促進
       速達性・快適性に優れた特急列車を通勤・通学にご利用いただけるように、特急列車用定期券「快てーき」や「快て〜き回数券」を発売しています。また、ダイヤ改正の際に、普通列車の見直しや特急列車の停車駅見直し等を実施し、通勤・通学における利便性向上を図り、鉄道の利用促進に取り組んでいます。
    • 車deトレイン駐車場(阿波池田駅)
    • 「車deトレイン」及び「パーク&ライド」の拡充
       環境にやさしい交通機関である鉄道を多くのお客さまにご利用いただくため、駅に車を駐車して列車に乗り換えていただく「車deトレイン」及び「パーク&ライド」のサービスを実施しています。2020年4月時点で、46駅に2,773台分の駐車場を整備しています。
      サービス名称 内容 駅数および台数
      車deトレイン 駅の専用駐車場無料サービス 43駅 896台
      パーク&ライド 時間貸し駐車場のサービス  2駅 768台
      松山駅前パーク&ライド 24時間駐車場無料サービス  1駅 1,109台
      合計 - 46駅 2,773台
      車deトレイン及びパーク&ライド駐車場設置状況(2020年4月1日現在)
  • 啓発活動の取り組み

     環境活動のPRとして、鉄道をテーマにしたイベント等において当社の取り組み状況等を出展し、環境に関する鉄道の優位性をアピールするための取り組みを行っています。
     
    きしゃぽっぽまつり(多度津工場)   鉄道の日ふれあい祭り(高知運転所)

  • 環境保全に関するキャンペーンへの参加

     当社では、国や自治体等が推進する環境保全のキャンペーンに積極的に参加しています。
     国土交通省と鉄道事業者が協力して実施している「鉄道でエコキャンペーン」は、鉄道が環境にやさしい交通機関であることを広く知っていただくことにより、地球温暖化防止の観点から鉄道の利用促進を図ること等を目的としています。また、国や自治体等が開催する公共交通利用促進キャンペーン等の取り組みにも参加しています。
     
        駅でのキャンペーンポスター掲示
    (松山駅)

地域と連携した利用促進の取り組み

    「サイクルトレイン」の運行

    「美郷ほたる・エコツアー」の実施
  • 「サイクルトレイン」の運行等

     地元自治体と連携して、サイクルトレインの運行等を実施しています。
     予讃線今治〜松山間の「サイクルトレイン松山しまなみ号」と、伊予西条〜波止浜間の「サイクルトレイン西条しまなみ号」を運行しました。
     また、予讃線松山〜宇和島間の一部の特急列車において、自転車を輪行袋に入れずにそのまま車内に持ち込める「サイクルルーム」を設置しています。
  • 「エコツアー」の実施

     徳島県吉野川市の美郷地区は、ゲンジボタルの生息地として国の天然記念物に指定されています。
     毎年多くの方が観賞に訪れますが、マイカーの渋滞や照明の強い光によるホタルへの影響が懸念されました。そこで、ホタルとその生育環境を守るため、地元自治体と連携して、マイカーから列車とシャトルバスのご利用に変えていただく「美郷ほたる・エコツアー」を実施しています。

沿線の環境保全

  • 騒音・振動の低減

     沿線の騒音・振動の低減を図るため、車両の軽量化を進めるとともに、車輪踏面形状の管理を行う車輪フラット検出装置を導入し、検出結果に基づき車輪旋盤による車輪削正を行っています。また地上設備では、レールに継目のないロングレールへの交換やレール表面の削正を計画的に実施し、騒音・振動の低減に努めています。
 
車輪削正   レール削正車

化学物質の管理体制

 化学物質の取り扱いに関しては、排出量の削減と厳重な管理体制の整備に取り組んでいます。
  • PCB(ポリ塩化ビフェニル)

     PCBは絶縁性、不燃性等の優れた特性を有し、トランスやコンデンサ等の電気機器をはじめ幅広い用途に使用されていましたが、その毒性が社会問題化し、1972年に製造が中止されました。
     当社においても、地上設備の変圧器やコンデンサ、灯具用安定器等の絶縁体としてPCBを含有する機器を使用してきましたが、老朽取替時にPCBを含有しない機器に順次取り替えています。また取り替えたPCB含有機器は、法令等に基づき厳重かつ適正に保管し、計画的に処理を進めています。
  • PRTR(化学物質排出移動量届出制度)法関連物質

      PRTR制度とは、化学物質の排出量や廃棄物に含まれて事業所外へ運び出される量(移動量)を、毎年集計して公表する制度です。当社では、車両の塗装作業等で使用する化学物質のうち、PRTR法の対象となる物質について、同法の規定に基づき排出量および移動量を届け出ています。
  • ダイオキシン

      ダイオキシンの発生源である焼却炉は、2000年度末までに全て撤去し、現在は使用していません。
  • 代替フロンを使用した冷房機器
    (1500型気動車)
  • フロン

     車両及び事務所の空調機器の冷媒として、特定フロン及び指定フロンを使用してきましたが、車両については順次計画的に、事務所に関しては設備更新時に代替フロンに取り替えています。
     また、2015年4月に改正された法令に基づき、冷房や冷凍冷蔵機器の点検、フロン類の漏えい量の管理を行っています。
  • 有機溶剤

     有機溶剤の削減のため、ステンレス車両を導入することで車両の無塗装化を行っています。
  • 水銀

     水銀を使用している産業廃棄物等に関しては、関係法令に基づき適切に廃棄を行っております。

その他省エネ省資源への取り組み

水資源

  • 節水型トイレ自動洗浄システム

     トイレ内の滞在時間の長さに応じて大用・小用を判断し、必要な水を流し分けることで、無駄な洗浄水をカットしています。当社では特に水使用量の多い9駅に、合計37台を設置しています。
  • 下水道処理水(中水)の利用

     当社で最もお客様の多い高松駅や本社ビルでは、水をリサイクルして特定の用途に用いる中水の利用システムを導入し、トイレの洗浄水や樹木への散水等に活用しています。

電力、エネルギー

  • 電力使用量の削減

     冷暖房の温度を夏は冷房28℃、冬は暖房19℃に設定するとともに、国が推進する「クールビズ」や「ウォームビズ」に積極的に取り組んでいます。ノーネクタイ等の軽装の実施や、エレベーター稼働時間の見直し、本社の空調設備の改良、冷暖房設置稼働の見直しを行うほか、昼間時間帯において電車の室内灯を消灯するなど、電力使用量の削減を図っています。
  • 省エネ型機器及び高効率な設備の導入

     省エネ型の変圧器や冷暖房装置等を導入し、エネルギーの効率化を図っています。2014年度には、国の「エコレールラインプロジェクト事業」の補助制度を活用し、伊予西条駅の給湯・空調装置を省エネ型のものに取り替えました。また、信号機および照明の灯具をLEDに順次取り替えているほか、照明制御装置を併用して不要な照明を消灯する等の省電力化に努めています。
     
    照明のLED化
    (琴平駅 四国まんなか千年ものがたり待合室)
      省エネ型の給湯装置(伊予西条駅)

紙資源

  • 事務用紙の削減

      社内ネットワークの確立、会議資料の電子データ化、電子決済の活用、両面印刷等により、事務用紙の削減を図っています。
  • 分別回収ゴミ箱の設置

     駅、列車、事務所等でゴミを分別し、リサイクルを推進しています。
  • グリーン購入の拡大

     再生紙利用のコピー用紙、再生トナーカートリッジ等、環境対応型商品を優先的に購入しています。
太陽光発電所(宇多津駅)

太陽光発電事業への参入

 2013年10月より再生可能エネルギー固定価格買取制度による売電を開始し、現在、宇多津駅構内をはじめ四国内の3ヶ所で太陽光発電事業を実施しています。
 太陽光発電設備の規模としては、宇多津駅構内(太陽光発電パネル1,176枚、最大出力294kW)等四国内3ヶ所で、最大出力570kWの設備を設置し、再生可能エネルギーを利用した事業に取り組んでいます。

グループ会社における取り組み

  • (株)めりけんや

      食品ロス削減する取り組みの一環として、商品として発売できない規格外の半生うどんについて2019年8月30日よりかけはし店(宇多津町)において無料で配布するサービスを毎月1回実施しています。
  • 四国鉄道機械(株)

      開発・製作している部品洗浄装置に関して、洗浄課程において薬剤を使用せず温水のみによる高圧噴射洗浄や全方位噴射ノズルを使用したシステムの導入により、環境負荷の低減に努めています。
     また、新製車両向けの客室内LED照明器具を制作し、車両の省エネ化に向けた取り組みに協力しています。
  • (株)JR四国ホテルズ

     クレメントブランドで運営するホテルにおいて、直営レスト ラン、ラウンジ、バー、宴会場等の施設で使用していたスト ローをプラスチック製から紙製のストローに変更しました。
  • その他グループ企業の取り組み

    ・ジェイアール四国バス(株)・・・・・・・・ 事務所照明のLED化、低燃費・低公害車の導入
    ・四国キヨスク(株)・・・・・・・・・・・・・ 店舗照明や電照看板のLED化
    ・(株)ステーションクリエイト東四国・・・・ 店舗照明のLED化、調理用廃油のリサイクル
    ・(株)ステーションクリエイト愛媛・・・・・ 天ぷら油のリサイクル、本社及び直営店舗照明のLED化
    ・(株)ステーションクリエイト高知・・・・・ 店舗照明のLED化、調理用廃油のリサイクル
    ・(株)ジェイアール四国企画・・・・・・ 電照看板のLED化
    ・四国開発建設(株)・・・・・・・・・・・・・ 本社事務所の全ての照明をLED化
    ・四国電設工業(株)・・・・・・・・・・・・ 本社事務所・営業所の全ての照明をLED化、本社事務室に熱交換形換気装置導入
    ・本四塗装(株)・・・・・・・・・・・・・・ 事務所の照明を全てLED化
    ・JR徳島駅ビル開発(株)・・・・・・・・・・・ 店舗照明及び事務所照明のLED化